令和2年度[第31-D7097-02号](主)焼津森線橋梁補修に伴う設計・電算帳票業務委託(横内橋)

本業務は、朝比奈川を横断する(主)焼津森線の横内橋に対し、補修設計を実施したものである。本橋は1960年竣工(供用60年)の3径間ゲルバー式RC中路桁橋で、直近の2017年12月の定期点検において早期措置段階(判定区分III)の損傷が確認された。本業務では、現場にて点検成果を基に劣化損傷の照合・補足を行い、現橋計測により復元された橋梁一般図を用いて損傷図を起こし、これらの成果に基づき橋梁補修設計を実施した。補修設計にあたっては、現橋の供用年数と今後想定される利用状況、及び現橋周辺の道路網を踏まえ、本橋に適した補修範囲・補修工法を選定するよう留意した。
この工事の関係者はログインすることで、成果品を閲覧することができます。

工事件名等

種別 調査設計
コリンズ・テクリス番号 4041183688
設計書コード 31-D7097-02-13-02
工事/業務名称 令和2年度[第31-D7097-02号](主)焼津森線橋梁補修に伴う設計・電算帳票業務委託(横内橋)
工期 2020/05/27~2020/11/30

場所情報

都道府県・市区町村 静岡県 藤枝市
住所 静岡県藤枝市

業務・工事概要

業務分野 鋼構造・コンクリート
業務分野業務段階1 橋梁
業務分野業務段階2 実施(詳細)設計
業務分野業務段階3 RC上部工
業務分野業務段階4 道路
キーワード 橋梁補修設計 RC橋 ゲルバー桁橋 現地踏査 工法検討 施工計画 関係機関協議資料作成
概要
本業務は、朝比奈川を横断する(主)焼津森線の横内橋に対し、補修設計を実施したものである。本橋は1960年竣工(供用60年)の3径間ゲルバー式RC中路桁橋で、直近の2017年12月の定期点検において早期措置段階(判定区分III)の損傷が確認された。本業務では、現場にて点検成果を基に劣化損傷の照合・補足を行い、現橋計測により復元された橋梁一般図を用いて損傷図を起こし、これらの成果に基づき橋梁補修設計を実施した。補修設計にあたっては、現橋の供用年数と今後想定される利用状況、及び現橋周辺の道路網を踏まえ、本橋に適した補修範囲・補修工法を選定するよう留意した。

発注者情報

発注機関名 静岡県(土木事務所)島田土木事務所
発注機関法人番号 7000020220001

受注者情報

受注機関名 昭和設計株式会社
受注機関法人番号 4080001002133