令和2年度[第32-V2410-01号]焼津漁港海岸漁港海岸高潮胸壁工事に伴う基本設計業務委託(焼津内港地区DEF区間)

本業務は、静岡県が想定する津波への対策として、焼津漁港焼津内港地区の小石川右岸護岸の背後(D区間)、第3船渠小石川南岸壁南岸壁の背後(E区間)及び第3船渠新屋西岸壁の背後(F区間)に現行基準による安全性を満たす胸壁を新設することを目的とした基本設計である。対象区間は、小石川右岸護岸~第3船渠新屋西岸壁の総延長354mである。  当該地盤のレベル1地震動における液状化の予測・判定の結果、地盤全体として液状化する判定となった。構造形式の比較は、液状化対策として重力式構造による地盤改良と矢板式及び杭式構造を比較選定した結果、経済性、施工性に優位な矢板式及び杭式を選定した。選定した構造形式にて、、レベル1津波を引き起こす地震動における動的解析(FLIP)による検討を踏まえ、最適断面を決定した。
この工事の関係者はログインすることで、成果品を閲覧することができます。

工事件名等

種別 調査設計
コリンズ・テクリス番号 4042262522
設計書コード 32-V2410-01-13-02
工事/業務名称 令和2年度[第32-V2410-01号]焼津漁港海岸漁港海岸高潮胸壁工事に伴う基本設計業務委託(焼津内港地区DEF区間)
工期 2020/08/29~2021/03/15

場所情報

都道府県・市区町村 静岡県 焼津市
住所 静岡県焼津市本町一丁目
静岡県焼津市本町一丁目

業務・工事概要

業務分野 河川、砂防及び海岸
業務分野業務段階1 海岸
業務分野業務段階2 基本(予備・概略)設計
業務分野業務段階3 堤防・護岸・胸壁
キーワード 胸壁設計 津波対策 地盤の地震応答解析 地震動的応答解析 基礎杭
概要
本業務は、静岡県が想定する津波への対策として、焼津漁港焼津内港地区の小石川右岸護岸の背後(D区間)、第3船渠小石川南岸壁南岸壁の背後(E区間)及び第3船渠新屋西岸壁の背後(F区間)に現行基準による安全性を満たす胸壁を新設することを目的とした基本設計である。対象区間は、小石川右岸護岸~第3船渠新屋西岸壁の総延長354mである。  当該地盤のレベル1地震動における液状化の予測・判定の結果、地盤全体として液状化する判定となった。構造形式の比較は、液状化対策として重力式構造による地盤改良と矢板式及び杭式構造を比較選定した結果、経済性、施工性に優位な矢板式及び杭式を選定した。選定した構造形式にて、、レベル1津波を引き起こす地震動における動的解析(FLIP)による検討を踏まえ、最適断面を決定した。

発注者情報

発注機関名 静岡県焼津漁港管理事務所
発注機関法人番号 7000020220001

受注者情報

受注機関名 株式会社建設コンサルタントセンター
受注機関法人番号 5080001007949

金額情報

金額(円)【税込】 ¥22,242,000