令和2年度[第31-D7329-02号](主)焼津森線橋梁耐震対策に伴う設計・電算帳票作成業務委託(宮前橋)

本業務は、管理上重要な橋梁である宮前橋について、道路橋示方書で要求される耐震性能に対する検証・照査を行い、不足する耐力等について、耐震補強の詳細設計を実施することを目的とする。橋脚柱の耐震補強では比較を行い、河積阻害率が5%を超えていることなどから、コンクリート斫り+ポリマーセメントモルタル吹付け工法を選定した。落橋防止システム設計では、水平力分担構造としてアンカーバーを選定した。また、落橋防止構造はRC突起を選定した。橋長:20.0m、総幅員:8.2m、上部工形式:3径間単純RCT桁橋(本橋)+単純RC床版橋(拡幅橋)、下部工形式:重力式橋台、小判柱壁式橋脚。
この工事の関係者はログインすることで、成果品を閲覧することができます。

工事件名等

種別 調査設計
コリンズ・テクリス番号 4044145082
設計書コード 31-D7329-02-13-02
工事/業務名称 令和2年度[第31-D7329-02号](主)焼津森線橋梁耐震対策に伴う設計・電算帳票作成業務委託(宮前橋)
工期 2020/07/20~2021/03/15

場所情報

都道府県・市区町村 静岡県 藤枝市
住所 静岡県藤枝市岡部町岡部

業務・工事概要

業務分野 鋼構造・コンクリート
業務分野業務段階1 橋梁
業務分野業務段階2 実施(詳細)設計
業務分野業務段階3 その他
業務分野業務段階4 道路
キーワード 耐震補強設計 地震時保有水平耐力法 RC橋 モルタル吹付け 支承部補強 工事用道路 仮締切 桁下施工 狭小地施工 工期短縮
概要
本業務は、管理上重要な橋梁である宮前橋について、道路橋示方書で要求される耐震性能に対する検証・照査を行い、不足する耐力等について、耐震補強の詳細設計を実施することを目的とする。橋脚柱の耐震補強では比較を行い、河積阻害率が5%を超えていることなどから、コンクリート斫り+ポリマーセメントモルタル吹付け工法を選定した。落橋防止システム設計では、水平力分担構造としてアンカーバーを選定した。また、落橋防止構造はRC突起を選定した。橋長:20.0m、総幅員:8.2m、上部工形式:3径間単純RCT桁橋(本橋)+単純RC床版橋(拡幅橋)、下部工形式:重力式橋台、小判柱壁式橋脚。

発注者情報

発注機関名 静岡県(土木事務所)島田土木事務所
発注機関法人番号 7000020220001

受注者情報

受注機関名 昭和設計株式会社
受注機関法人番号 4080001002133

金額情報

金額(円)【税込】 ¥15,994,000