株式会社スルガコンサルの受注工事一覧

円の表示は近くにある工事データ数を表しており、地図を拡大すると工事データ位置情報(点・線・面)が表示されます。

6件中 1-6件表示

令和2年度 福田漁港 漁港関係事業推進に伴う汀線・深浅測量業務委託【13-01】

発注者 静岡県
期 間 2020/09/25~2021/03/15
本業務は、福田漁港、浅羽海岸サンドバイパス事業に伴い、静岡県袋井土木事務所管内の福田海岸から浅羽海岸の汀線の経年変化、-5.0航路の堆積状況の地形状況を確認した。深浅測量及び汀線測量を実施するにあたり現地踏査を行い基準点の有無、状況等を把握した。深浅測量については既設測線方向を基に精密音響測深機により測定し、測深データのつながる地点までを高低計測により汀線測量を行った。データの取りまとめについては比較等深線図等を作成し、過去のデータとの比較を行った。

令和2年度[第32‐S4726‐01号]手越公園横急傾斜地崩壊対策に伴う測量・設計業務委託

発注者 静岡県
期 間 2020/06/24~2021/03/15
本業務は、静岡市駿河区手越地内において、手越公園横の土砂災害防止対策施設の整備にあたり必要となる権利調査及び詳細設計を行うことを目的とする。 地質調査結果を基に急傾斜崩壊対策工法の検討を行い、地盤状況及び保全施設の位置等から崩壊土砂防護柵とワイヤー連結型複合補強土工を採用した。

令和2年度[第32-K5100-01号]竜洋海岸侵食対策に伴う海岸深浅測量業務委託【13-01】

発注者 静岡県
期 間 2020/09/25~2021/03/15
本業務は今後の海岸事業に資することを目的として静岡県袋井土木事務所管内の竜洋海岸L=4578mから磐田海岸L=922mおよび福田海岸において深浅測量・汀線測量を実施し既存の測量データと合わせ海岸地形や汀線の経年変化を把握するものである。調査は52測線で実施し横断面図、等深線図を作成した。過去とのデータ比較は汀線変化図・断面積変化図・土量変化図等を作成し海岸の地形変化を把握した。また海岸保全施設である離岸堤の嵩下げによる漂砂の連続性確保に伴う影響を把握するため、離岸堤設置区間600mの範囲にて50m間隔の深浅測量・汀線測量を実施した。

令和2年度〔第32-K1810-01号〕浜岡海岸ほか海岸調査に伴う深浅測量業務委託【13-01】

発注者 静岡県
期 間 2020/06/04~2021/03/18
本業務は、今後の海岸事業に資することを目的に静岡県袋井土木管内の御前崎・浜岡・大浜・大須賀海岸において、深浅測量・汀線測量等を実施し、既存の測量データと合わせ海岸地形や汀線の経年変化を把握した。深浅測量及び汀線測量を実施するにあたり現地踏査を行い、基準点の状況等を把握した。深浅測量については、既存の測線方向を基に精密音響測深機により測定し、深浅データとつながる地点まで汀線測量を行った。データのとりまとめについては、汀線変化図・断面積変化図等を作成し、過去のデータとの比較を行い、海岸の地形変化状況を把握した。

令和元年度[第31-K5100-01号]竜洋海岸侵食対策事業(防災・安全交付金)に伴う測量業務委託(海岸深浅測量)【13-02】

期 間 2019/10/09~2020/02/28
本業務は今後の海岸事業に資することを目的として静岡県袋井土木事務所管内の竜洋海岸L=4578mから磐田海岸L=922mおよび福田海岸において深浅測量・汀線測量を実施し既存の測量データと合わせ海岸地形や汀線の経年変化を把握するものである。調査は43測線で実施し横断面図、等深線図を作成した。過去とのデータ比較は汀線変化図・断面積変化図・土量変化図等を作成し海岸の地形変化を把握した。また海岸保全施設である離岸堤の嵩下げによる漂砂の連続性確保に伴う影響を把握するため、離岸堤設置区間600mの範囲にて50m間隔の汀線測量を実施した。この他、離岸堤嵩下げ工事に伴うブロック撤去、運搬、据付に必要となる台船の航路の確保ならびに浅所の把握が必要であることから、海底地形を面的に計測が可能なスワス測深機(マルチビーム)により離岸堤周辺にて深浅測量を実施した。

平成30年度[第30-K5100-01号]竜洋海岸侵食対策事業(防災・安全交付金)に伴う測量業務委託(海岸深浅測量)【13-01】

期 間 2018/09/06~2019/03/15
本業務は今後の海岸事業に資することを目的として静岡県袋井土木事務所管内の竜洋海岸L=4578mから磐田海岸L=922mおよび福田海岸において深浅測量・汀線測量を実施し既存の測量データと合わせ海岸地形や汀線の経年変化を把握するものである。調査は43測線で実施し横断面図、等深線図を作成した。過去とのデータ比較は汀線変化図・断面積変化図・土量変化図等を作成し海岸の地形変化を把握した。また海岸保全施設である離岸堤の嵩下げによる漂砂の連続性確保に伴う影響を把握するため、離岸堤設置区間600mの範囲にて50m間隔の汀線測量を実施した。この他、離岸堤測量(ブロック高測定)を実施した。