パシフィックコンサルタンツ株式会社の受注工事一覧

円の表示は近くにある工事データ数を表しており、地図を拡大すると工事データ位置情報(点・線・面)が表示されます。

3件中 1-3件表示

令和2年度[第32-I6402-01号](国)136号トンネル点検に伴う定期点検業務委託(長岡第1号トンネル外)

発注者 静岡県
期 間 2020/10/01~2021/03/19
沼津土木事務所管轄のNATM工法3トンネル(長岡第1号(L=243m)、小坂第2号(L=180m)、下船原(L=208m))および矢板工法1トンネル(土肥第2(L=153m))の定期点検を行った。点検の結果、III判定の変状が、下船原で1箇所、確認されたが、その他のトンネルでは、確認されなかった。ただし、長岡第1号、小坂第2号、土肥第2では、IIa判定の変状として、「うき」が確認され、IIb判定の変状として、「うき」および「漏水」が確認された。そのため、健全性は、下船原で「III」、その他のトンネルで「II」と判定された。なお、長岡第1号、小坂第2号、土肥第2では、附属物の異常も確認された。また、変状箇所毎に対策工の提案を行った。

令和2年度[第32-V1415-01号]焼津漁港水産流通基盤整備 波浪減災対策検討業務委託

発注者 静岡県焼津漁港管理事務所
期 間 2020/11/17~2021/03/25
焼津漁港では、近年の台風大型化により、平成29年から令和元年の3か年で2回の大規模な浸水被害があった。主に製氷施設や荷捌き施設などの水産施設が浸水し、多大な被害が生じている。本業務は、安定した水産物の供給のため、減災対策として、外港防波堤・外港護岸の上部工及び消波工の嵩上げ設計に必要となる、波浪推算を実施するものである。対象とする沖波は、「東海地域沿岸漁港設計波算出マニュアル」の30年確率波及び「平成29年台風21号、令和元年台風19号の観測波」より、波高、波向き、周期を考慮し、施設に大きい影響を与えると考えられる2波浪を設定した。対象地点の堤前波は、エネルギー平衡方程式による波浪変形計算、回折計算を実施し、換算沖波波高を算定した上で、浅水変形、砕波変形を考慮した設計波を算出した。

令和2年度[第32-I6404-01号](主)島田川根線ほかトンネル点検業務委託

発注者 静岡県
期 間 2020/11/07~2021/03/15
島田土木事務所管轄のNATM工法4トンネル(松ヶ瀬(L=328m)、菅山(L=306m)、丹原(L=491m)、初瀬(L=420m))および矢板工法1トンネル(不動(L=133.2m))の定期点検を行った。点検の結果、全トンネルでIII判定の変状は、確認されなかった。ただし、IIa判定の変状として、うき(松ヶ瀬、不動、菅山、丹原)及び漏水(不動)、IIb判定の変状として、うき(初瀬)及び漏水(菅山、丹原、初瀬)が確認され、全トンネルで健全性は、「II」と判定された。なお、全トンネルで附属物の異常は見られなかった。また、変状箇所毎に対策工の提案を行った。