業務・工事データ一覧 過去の業務・工事データ一覧はこちら

5,460件中 3,991-4,000件表示

発注者 静岡県
受注者 株式会社フジヤマ
期 間 2020/09/19~2021/03/15
本業務は、菊川市半済地内の急傾斜地である半済北ノ谷区域において、測量、地質調査業務の成果を基に、土砂災害を防止するための急傾斜地崩壊対策施設の予備設計である。
発注者 静岡県富士土木事務所
受注者 富士設計株式会社
期 間 2020/10/01~2021/03/15
本業務は、「橋梁点検マニュアル(平成27年度改訂)平成28年3月 静岡県交通基盤部道路局道路整備課」で定められた橋梁点検により得られた結果について、必要となる詳細調査、橋梁補強設計を実施することを目的とした業務である。落橋防止システム設計に関して落橋防止システムの要否検討に基づき最適な落橋防止システム設計を行い、その具体として設計計算書、設計図面、数量計算書を作成した。また、橋脚まわりの洗堀を防止するために橋脚保護工の設計を行った。橋脚保護工の構造、範囲を検討し、設計図面及び数量計算を作成し完了した。
発注者 茨城県(工事事務所)高萩工事事務所
受注者 山川建設株式会社
期 間 2020/07/28~2021/03/24
高戸大橋 L=143.3m (第1~2径間、第10~13径間、W=9.0m) N=1式 ひび割れ補修工 注入工法 L=47m  N=1構造物 ひび割れ補修工 充填工法 L=0.3m N=1構造物 断面修復工 左官工法 V=0.19m3 N=1構造物 地覆補修工 充填工法 V=2.9m3 N=1構造物 橋面舗装工 A=347m2
発注者 静岡県(土木事務所)下田土木事務所
受注者 株式会社ウインディーネットワーク
期 間 2020/09/15~2021/03/19
本業務は、災害時に重要となる緊急輸送道路を強化すると共に、信頼性の高い道路ネットワークを確保するため、(国)136号の安良里地内(以下、安良里工区)、田子地内(以下、田子工区)の両箇所において過去の災害実績を基に原因を調査し、災害防除に必要な対策を多角的に分析・検討を行い、測量および詳細設計を実施したものである。
発注者 静岡県
受注者 国際航業株式会社
期 間 2020/10/22~2021/03/15
本業務は、静岡県内の急傾斜地崩壊防区域1505箇所、地すべり防止区域77箇所の健全度評価結果から、施設の劣化予測検討及び対策工費の算定を行い、ライフサイクルコストを考慮した長寿命化計画を策定することを目的として実施した。劣化予測では既往の健全度評価結果を用いる手法、健全度指標を用いる手法、累積ハザード法による手法を検討した。また、ライフサイクルコストの検討期間は50年とし、予防保全及び事後保全でのトータルコストの縮減効果を確認した。これらの検討結果を基に年次計画を策定し、現行の長寿命化計画を更新した。
発注者 静岡県
受注者 株式会社フジヤマ
期 間 2020/03/26~2021/03/25
本業務は、土砂災害警戒区域に指定されている一雲済川支川上神増沢における土砂災害防止に資する砂防堰堤計画促進のために、測量業務(路線測量、用地測量等)及び砂防堰堤詳細設計を実施するものである。砂防堰堤の設置により、下流域に存在する豊岡南小学校、緊急輸送路となっている県道44号線、人家等を土砂災害から保全する。業務に際しての主要な留意点として、以下3つが挙げられる。1.堰堤袖部の斜面崩壊(本堰堤工)2.電力鉄塔、架線、寺谷幹線用水路への影響回避(施工計画・仮設構造物設計)3.豊岡南小学校通学路への配慮等(施工計画・仮設構造物設計)
発注者 静岡県袋井土木事務所
受注者 富士設計株式会社
期 間 2020/05/16~2021/02/26
本業務は、現地測量結果を用いて、三倉川支川黒石南沢の砂防堰堤予備設計を実施するものであった。測量業務は、4級基準点測量と現地測量を行い、設計業務では堰堤高15m未満の透過型砂防堰堤予備設計を実施した。
発注者 茨城県(土木事務所)水戸土木事務所
受注者 株式会社シマムラ工業
期 間 2020/10/31~2021/03/29
道路法面保護工事 587m 掘削工 40m3 法面整正工(切土部)160m2 法面整正工(盛土部)280m2 防草対策工(切土部)246m 防草対策工(盛土部)341m
発注者 静岡県
受注者 佐倉建設株式会社
期 間 2020/09/30~2021/03/25
掘削工1式 掘削(ICT)3200㎥ 土砂等運搬2950㎥ 残土処分(不良土)2390㎥ 残土処分(超不良土)560㎥ 仮設工1式 交通仮工1式