株式会社ウインディーネットワークの受注工事一覧

円の表示は近くにある工事データ数を表しており、地図を拡大すると工事データ位置情報(点・線・面)が表示されます。

75件中 51-60件表示

(一)下田南伊豆線災害防除に伴う測量・設計業務委託(法面工予備設計)(13-01)

期 間 2020/07/11~2021/01/29
本業務は、(一)下田南伊豆線の下田市6丁目地内における災害の発生予防・拡大防止を目的とし、道路防災の観点から総合的に現地を踏査し、必要となる予備設計(擁壁)を行うものである。

令和2年度 (主)伊東西伊豆線道路改築に伴う設計業務委託(道路概略設計)(13-01)

期 間 2020/06/13~2021/01/29
本業務は、(主)伊東西伊豆線の概略設計を通じて、局部的に改良すべき区間を抽出することを目的としている。同路線は、山岳道路で急峻な地形であることから、防災点検による要対策箇所が複数存在し、未改良区間(改良率49%)すべてを2車線改良するには膨大な費用がかかり現実的でない。また、カーブの急な曲線部では十分な視距が取れていない箇所も複数存在し、走行上、運転手にストレスを感じさせる区間が随所に存在する。本業務では、要対策箇所、視距確保、さらに、すれ違いに必要な道路幅員を確保する観点から改良すべき区間の優先度ランクを設定し、この指標により評価することで優先して改良すべき区間を検討するものである。

(一)下田南伊豆線道路施設震災対策(橋梁耐震対策)に伴う設計業務委託(小町橋)(13-01)

期 間 2020/07/29~2021/01/20
本業務は、(一)下田南伊豆線「小町橋」について、施設の耐震性能を確保するための橋梁耐震補強設計を行うことを目的とする。

(一)下田南伊豆線建設発生土処分地整備事業に伴う測量・設計業務委託(13-02)

期 間 2020/07/29~2021/01/20
本業務は、(一)下田南伊豆線「小町橋」について、施設の耐震性能を確保するための橋梁耐震補強設計を行うことを目的とする。

(一)下田南伊豆線建設発生土処分地整備事業に伴う測量・設計業務委託(13-02)

期 間 2020/06/20~2021/01/18
本業務は、下田市大賀茂地内に位置する大賀茂建設発生土処分地の運用開始にあたり、現状の盛土量を把握し、残りの処理容量から建設発生土処理計画と、建設発生土処分地の運用に必要な管理棟及び施設等の配置計画を行い、測量については残りの処理容量を算出するための現地測量、路線測量を行うものである。

(国)135号道路維持(災害調査費)事業に伴う測量業務委託(現地測量)(13-06)

期 間 2020/07/21~2021/01/12
本業務は下田市白浜地内に於ける国道135号道路維持事業に伴う現地測量を目的とした業務である。

(都)下田港横枕線街路整備に伴う設計・電算帳票作成業務委託(ボックスカルバート修正設計)(13-02)

期 間 2020/09/15~2020/12/18
本業務は都市計画道路下田港横枕線の街路整備事業区間の水路計画について国道136号交差点内の排水計画と整合させるため、プレキャストBOXカルバートの割付一般図の作成及び位置変更に伴う平面図、横断面図の図面修正を行い、これに合わせて土工数量、計画数量、電算帳票作成を行う。

令和元年度[第31-D7315-02号](一)湯ケ野松崎線(那賀川橋)防災・安全交付金(橋梁耐震対策)に伴う設計業務委託(橋梁耐震補強設計)(13-01)

期 間 2020/03/26~2020/12/11
本業務は、賀茂郡松崎町大澤地内にある(一)湯ケ野松崎線の那賀川橋において、施設の 耐震性能を確保するため、橋梁の耐震補強設計および補修設計を行うことを目的とする。また、速やかな工事発注に資するための、電算帳票作成を行うものである。

(主)下田松崎線災害防除に伴う落石予防工詳細設計業務委託(13-01)

発注者 静岡県
期 間 2020/08/29~2020/12/18
本業務は、賀茂郡松崎町明伏地内に位置する(主)下田松崎線において斜面の落石、崩壊に対する安全性を向上させ、住民生活の安定を図ることを目的とした落石予防工詳細設計業務である。

(一)仁科峠宇久須線道路改築に伴う測量・設計業務委託(道路詳細設計)(13-01)

期 間 2020/05/09~2020/12/11
本業務は、賀茂郡西伊豆町宇久須地内における、(一)仁科峠宇久須線の路面に変状が生じている狭隘な箇所の復旧・整備と将来形を見越した線形により、道路改築を目的とした測量・設計業務である。 本業務対象箇所は、幅員が4.0m程度の狭隘箇所であり、谷側は保安林が隣接している。道路谷側は横断側溝の埋塞等により、路面排水が集中し谷側斜面を侵食したため、路面へも変状が出る状況となっている。このため、車両の安全な通行を確保しながらの施工を前提とし、経済性、周辺環境との調和と将来の道路拡幅計画との整合を図りながら、最適な路肩の復旧・整備を行うための測量および詳細設計を行った。