業務・工事データ一覧 過去の業務・工事データ一覧はこちら

4,044件中 3,851-3,860件表示

発注者 東京都建設局 総務部 総務課
受注者 日本無線株式会社
期 間 契約確定の日の翌日から令和元年9月30日まで
アンテナ金具取付工事 一式 配線工事 一式 機器撤去据付工事 一式 機器撤去 一式 撤去工事 一式
発注者 東京都建設局 総務部 総務課
受注者 日本電気株式会社
期 間 2019/05/20~2019/09/30
通信用配線類の本移転先への移設 一式 季節機器等のネットワーク集中管理システム、遠隔監視制御装置、複合端局装置等の改修 一式 機器整備・調整 一式 その他上記に付帯する工事 一式
発注者 静岡県沼津土木事務所
受注者 株式会社東海建設コンサルタント
期 間 2019/09/25~2020/05/29
本業務は一般県道御殿場箱根線の山口橋・小安橋・小山橋の安全性と長寿命化を図るために平成28年度に実施した橋梁点検結果及び現地踏査結果に基づき、長寿命化に必要な補修について検討し、詳細設計を行うことを目的とし実施した。
発注者 静岡県(土木事務所)袋井土木事務所
受注者 株式会社フジヤマ
期 間 2019/08/03~2020/05/29
本業務は、航空レーザ測量等のLPデータによる比高別区分の概略把握(スクリーニング)方法により堤防比高差の概略把握を行い、河川管理の効率化に必要な資料を作成することを目的としたものである。LPデータは静岡県森林局が作成した高さを内挿したTIFF画像を使用し、河川のエリアデータごとに高さデータを抽出した。抽出したデータは、GISソフトを使用した近傍解析を行い、堤防高の抽出・比高区分図を作成した。作成した比高区分図等を使用し、河道形態(築堤、堀込等)の範囲、割合を調査し、成果とした。これらの成果は、今後堤防点検等河川管理のための有効な資料として利活用されていくこととなる。
発注者 静岡県(土木事務所)静岡土木事務所
受注者 昭和設計株式会社
期 間 2019/09/28~2020/05/29
本業務は、静岡市清水区馬走地内の四方沢急傾斜地において、急傾斜地対策工法の詳細設計・電算帳票作成と路線測量を行った。 対策工法は、「静岡県急傾斜地崩壊対策事業の手引き」の対策工法フローを基に、経済性に優れた対策工法と線形で計画をした。計画地付近へ乗入れる現況道路幅員が狭いため、工事用道路について、計画地内外の工事用道路について検討を行い、路線を選定した。また、斜面直下に人家等があるため、急傾斜地崩壊対策工事の施工中の切土、砕石などの崩壊、飛散な土の災害を防止するため、仮設防護柵を設置する計画をした。
発注者 静岡県焼津漁港管理事務所
受注者 玉野総合コンサルタント株式会社
期 間 2019/12/27~2020/05/29
本業務は、静岡県焼津漁港の漁港施設2施設(防波堤、橋梁)を対象として、簡易点検(簡易項目、重点項目)と機能保全計画の新規作成及び更新を行ったものである。防波堤は、陸上、海上、潜水目視点検をおこない、本体工、上部工に変状を確認した。橋梁は、陸上目視点検と船上からの橋梁下面部点検により、舗装、伸縮装置、支承部主桁などに変状を確認した。その後、劣化度判定及び健全度評価を行った。機能保全計画書の作成では、施設現況調書、機能保全レベル、施設機能診断結果、機能保全対策の各項目を検討した。劣化予測により対策実施時期を設定し、立案した複数の対策工法の中からライフサイクルコストが最小となるシナリオを採用した。
発注者 静岡県西部事務所
受注者 平野建設(株)
期 間 2019/11/28~2020/03/13
既設送水管の老朽化に伴う新設菅敷設工事 L=262m
発注者 静岡県(土木事務所)島田土木事務所
受注者 株式会社静環検査センター
期 間 2020/04/23~2020/06/05
本業務は、一級河川大井川の河川管理者である国土交通省からの出水期前点検の実施要請に基づき、一級河川大井川の占用許可を受けている(主)焼津榛原線 太平橋、(国)150号 富士見橋、(主)島田吉田線 はばたき橋、谷口橋、島田大橋、(一)島田岡部線 大井川橋の6橋梁を対象とする。橋梁ごとに洗堀状況、護岸の損傷状況などを調査し、橋梁点検表にとりまとめ、点検結果まとめ(様式ー0)に報告するものである。また、(国)150号 富士見橋、(一)島田岡部線 大井川橋の2橋梁については、橋梁部における河川横断測量を実施し、経年変化を報告するものである。
発注者 静岡県(土木事務所)下田土木事務所
受注者 鈴木設計株式会社
期 間 2019/11/20~2020/05/11
本業務は、賀茂郡南伊豆町下流地内にある「赤穂浦第1橋」および「赤穂浦第2橋」において、定期点検で補修の必要があると判断された橋梁の劣化損傷箇所の補修工事に必要な詳細構造を経済的かつ合理的に設計し、工事発注に必要な図面・報告書を作成するものである。
発注者 山口県周南土木建築事務所
受注者 宇部興産コンサルタント株式会社
期 間 2018/11/22~2020/03/27
二級河川島田川は、平成30年7月豪雨により河川氾濫が発生した。氾濫は、堆砂による河積阻害が原因であり、河積阻害解消のため、河道掘削を基本とした暫定改修計画(推進費計画)の検討を行った。また、本業務は、ICTの全面活用を図るため、測量編では、UAVを用いたレーザ測量による三次元点群測量を実施し三次元現況点群データと縦横断図面を作成した。設計編では三次元データを用いた三次元土工設計及び河川詳細設計を実施した。護岸形式として、(1)ブロックマット設置、(2)3h確保による堆積土撤去(既設堤防保護を目的とした砂州確保)の2案を採用案として護岸計画を行い、工事発注用の図面・数量計算の取りまとめを行った。