芹澤啓の発注業務・工事一覧

円の表示は近くにある業務・工事データ数を表しており、地図を拡大すると業務・工事データ位置情報(点・線・面)が表示されます。

1,828件中 741-750件表示

期 間 2021/09/25~2022/02/14
本業務は、静岡県袋井土木事務所が管理する掛川市内の橋梁のうち12橋に対して、静岡県橋梁点検マニュアル改定版に基づき、定期点検(A)を実施し、各橋梁の損傷状況の把握を行い、その状況を踏まえ健全性の判定を行った。  点検の結果、早期に補修等の措置を講ずるべき状態判定区分3に該当する橋梁は、確認されなかった。  また局所的に顕著な損傷が生じており、今後の損傷の進展に留意する必要がある橋梁として、石ケ谷橋で主桁のボルト脱落、松葉城山2号橋で主桁添接部に顕著な腐食、菊川橋で小規模な損傷・ひびわれ、剥離鉄筋露出、うき等が多数有、花面橋で防護柵に顕著な腐食・破断が確認された。これらの橋梁については、予防保全の観点から措置を講ずることが望ましい状態であると判断した。
期 間 2021/08/19~2022/02/15
本業務は、原野谷川との合流点から4.5km区間の河川測量を実施した。4級基準点測量は近傍の公共基準点を使用し、一等水準点141-1を標高の基とし、河川中心線形は昭和63年全体計画図を基に中心決定を行い、中心線間隔50mピッチで河川測量を行った。一部区間(原野谷川合流点から垂木川合流点)までは、3次元データを活用した。
期 間 2021/11/25~2022/02/25
本業務は、浚渫工事予定区域内において、水底土砂の有害成分を分析、検定した結果、海洋環境に悪影響を及ぼす有害な土砂ではないと評価できた。
期 間 2021/08/27~2022/02/10
本業務は、太田川ダムを維持・管理するための基礎資料を得ることを目的として、太田川ダム貯水池において、マルチビーム測深機等による測量を実施して三次元データを取得し、その三次元データから貯水容量及び堆砂量を把握したものである。測量方法は、ダム湖底から概ねEL267mまでの範囲をマルチビーム測深機、それより上流の河川部の範囲は、トータルステーションを使用した単点測量や、1素子音響測深機を使用した深浅測量によりデータを取得した。これらのデータを計算解析後、過年度の航空レーザ測量データと合わせて統合処理を行い、ダム周辺の地形も含めた1mグリッドの三次元データを作成した。このデータから横断図・縦断図を作成するとともに、等高線スライス法による貯水容量・堆砂量計算を実施した。その結果、昨年度からの堆砂量は、全体で約19,000m3の増加であった。また、昨年度データと今年度データ、平成20年度データと今年度データ、各々の年を比較した層厚図を作成した。その結果、昨年度と比較した層厚図からは、上流部での地形変化がやや大きく、中流から下流では大きな変化はみられなかった。
期 間 2021/07/09~2022/03/03
本委託業務は、賀茂郡河津町大鍋地内に於ける(一)湯ケ野松崎線の道路災害防除に伴う路線測量業務である。現地立会の上、測点位置を決め4級基準点測量を基礎とし、現地測量及び路線測量を行った。
期 間 2021/08/24~2022/03/04
第1避溢橋側道橋、小谷之沢橋、棚之沢橋について、適切な補修により、施設の安全性と長寿命化を図ることを目的として、令和2年度に実施した橋梁点検結果及び現地調査結果に基づき長寿命化に必要な補修内容を検討し、詳細設計を行う。なお、小谷之沢橋及び棚之沢橋は平成 26 年度に補修設計が実施されているが、現在の損傷状況を考慮し適切な補修を行うことを目的としている。
期 間 2021/08/11~2022/03/10
施工延長 L=371.2m 河道掘削工(ICT) V=15300m3 残土運搬(処分場) V=15300m3 本工事は二級河川太田川の河道掘削工事です。
受注者 株式会社東日
期 間 2021/07/06~2022/01/31
本業務の目的は国道414号沼津アルプストンネル(1177m、供用開始前)を対象にトンネル本体の変状、附属物の異常を把握・診断し、必要な措置を特定するための情報を得ることである。初回定期点検に当たる。点検方法は、近接目視・打音検査・レーダー探査・ファイバースコープ撮影・UAV画像観察を行った。主な変状は乾燥収縮・温度伸縮に伴うひび割れ(ランクI)だが、空洞(体積1.5立米)が1箇所存在し、トンネル全体の健全性診断はIIIとなる。この空洞は早期に対策(充填)を行う必要がある。このほかの評価はII(予防保全段階)となり必要な措置は監視である。供用開始前なので日常点検がない事から、供用開始前に定期点検に準ずる点検を提案する。
期 間 2021/05/11~2022/02/10
本業務は、駿東郡清水町堂庭に位置する(一)下土狩徳倉沼津港線において、大型車同士のすれ違いが困難である区間を解消するため道路詳細設計を行い、工事発注に必要な図面及び報告書の作成をすることを目的とする。
期 間 2021/06/22~2022/02/15
 本業務は、島田市伊太地先における、砂防堰堤概略設計に必要な測量業務をおこなうものである。測量においては、路線測量 L=0.20km・用地測量 A=5,000m2を実施する。また、設計においては、砂防施設設計1式を実施する。