静岡県の発注工事一覧

円の表示は近くにある工事データ数を表しており、地図を拡大すると工事データ位置情報(点・線・面)が表示されます。

787件中 11-20件表示

令和3年度[第33-K3021-01号]二級河川由比川河川改良に伴う設計業務委託

期 間 2021/07/10~2021/09/15
本業務は、令和2年7月26日に発生した集中豪雨により、静岡県清水区由比入山地先の二級河川由比川の護岸が被災を受けての復旧工事の際、計画護岸の背面掘削時に掘削法面が安定しないことから、堤内地への崩壊が懸念されたため、堤内地の安定と施工時の安全を確保するための仮設実施設計を行う。

令和2年度静岡県津波リスク見える化に関する業務委託

期 間 2020/10/06~2021/07/30
本業務は5市4町(熱海市、伊東市、東伊豆町、下田市、南伊豆町、松崎町、西伊豆町、伊豆市、沼津市)において、津波からの確実な避難を促すため、別途業務にて取得された3次元点群データ(LP、MMS)に既存の津波浸水想定区域図を重ね合わせ、身の回りの津波リスクの見える化を図ることを目的としたもの。本業務では、追加データとして、東伊豆町のMMSと津波避難タワーのUAV測量により点群データを取得している。

令和2年度[第32-K2832-01号]二級河川坂口谷川国土強靭化対策(総合流域防災)工事(掘削工)

期 間 2021/04/20~2021/09/16
施工延長 200m 掘削工(ICT) 3300m3  残土処理工 3300m3 伐採工 17500m2 運搬処分工 1050m3

令和2年度[第32-K2756-01号]二級河川大久須川国土強靭化対策(総合流域防災)に伴う測量設計業務委託(13-01)

期 間 2021/03/06~2021/09/10
本業務は、西伊豆町宇久須地先に於ける二級河川大久須川の総合流域防災に伴う河川測量及び設計業務である。河道条件に見合った床止めの構造諸元についての合理的な考えを把握し、河床低下や洗掘を防止するために、河床を維持・安定化させることを目的として詳細設計を実施するものである。

令和3年度[第33-K4653-01号]二級河川敷地川県土強靭化対策工事(河道掘削工)【11-01】

期 間 2021/06/29~2021/09/26
施工延長 L=350m 掘削(ICT)[ICT建機使用割合100%] V=2,700m3

令和2年度[第32-I7213-01号](主)下田松崎線災害防除に伴う設計業務委託(小杉原2工区)(13-01)

期 間 2020/09/15~2021/09/10
  本業務は、(主)下田松崎線の下り車線に位置する吹付法面の上部の自然斜面からの土砂流出の防止を目的とした防護施設の予備設計を行うものである。当該箇所では、平成26年度に上部斜面からの落石によって2輪車の事故が発生し、板柵の設置による仮設工事が実施された。また、下田側に隣接する露岩斜面の調査設計が実施されて落石対策工事が行われた。  予備設計では、現地調査で実施した斜面調査(簡易貫入試験)、転石調査、沢地形の土砂量調査の結果を踏まえて、設計の基本条件の整合を図り、構造性・施工性・維持管理・経済性の観点から、防護施設の構造形式の比較検討を行い、最適形式と基本構造諸元を決定する。  予備設計で決定した構造諸元について工事に必要な詳細構造を検討し、工事発注に必要な図面・数量計算を行うものとする。

令和3年度[第32-D5503-01号](主)沼津土肥線道路改築に伴う設計業務委託(波浪計算)

期 間 2021/06/22~2021/09/10
(主)沼津土肥線においては、西浦古宇地先で公有水面の埋立を伴う道路改築事業を予定している。ついては、公有水面の埋立免許申請を行うにあたり、設計の根拠とするための波浪計算を行うことを目的とする。

令和2年度[第32-S2212-01号]口坂本No.2地すべり対策に伴う地すべり調査業務委託(計器観測その3)

期 間 2021/03/03~2021/08/31
本業務は、口坂本No.2の地すべり区域内において、地すべり解析に必要なデータの取得を目的とし、月に一度現地に観測に行き、その結果をまとめたものである。観測内容は、自記水位計、孔内傾斜計、地盤傾斜計、地盤伸縮計、パイプ歪計、移動杭観測である。観測の結果、最も雨量が多かった7月に地すべりブロック内に設置した伸縮計のほとんどで月間変動量200mm程度の顕著な変動(地すべり判定基準で変動Aに該当)を観測した。また、移動杭観測でも、A-1ならびにA-3ブロックで274~979mmの変動を観測した。パイプ歪計観測では、すべり面深度は断線のため測定ができなかったが、すべり面深度よりも浅層でも変動していることが確認された。 地すべり末端を流れる坂本川の河道閉塞ならびに流水量などを監視することを目的に4号堰堤袖部にカメラを設置した。当該地域は、地すべり活動が活発で地すべり末端部は押出しにより坂本川の河道が狭くなってきており、今後、地すべり活動が進行すれば河道が閉塞する恐れがある。そのため4号堰堤袖部にカメラを設置し、10分のインターバルで写真撮影を行い、撮影した写真は、インターネット上の地すべり監視システムで確認できるようにした。

令和2年度[第32ーK2795ー01号]一級河川芝川国土強靭化対策(総合流域防災)工事(河道掘削工・ICT導入型)

期 間 2021/03/26~2021/09/21
掘削工 L=188m 掘削(ICT)[ICT建機使用割合100%]V=8,500m3