服部エンジニア株式会社の受注業務・工事一覧

円の表示は近くにある業務・工事データ数を表しており、地図を拡大すると業務・工事データ位置情報(点・線・面)が表示されます。

93件中 1-10件表示

期 間 2021/08/27~2022/07/29
本業務は、既設橋の耐震化・長寿命化計画に関連した、橋梁耐震補強および、橋梁補修設計設計業務である.
期 間 2022/03/08~2022/07/29
本業務では,堀田歩道橋に関する歩道橋台帳や既存資料をもとに橋梁諸元を整理し,現地踏査により架橋位置の周辺状況を把握した.また,過年度定期点検や損傷補足調査の結果をもとに損傷状況を把握し,補修の要否検討を実施した上,補修が必要と判断される箇所について詳細設計を行った.さらに,当該工事の施工計画を立案するとともに,電算帳票についても作成した.
期 間 2021/11/30~2022/07/29
本業務は、静岡県が管理する橋梁の損傷及び変状を早期に把握することにより、安全かつ円滑な交通を確保するとともに、沿道や第三者への被害の防止を図るため、「静岡県橋梁点検マニュアル令和2年度版令和2年4月静岡県交通基盤部道路局道路整備課」に基づく橋梁点検を実施し、効率的な維持管理に必要な基礎資料を得ることを目的とする。本業務の対象橋梁は、田子の浦港管理事務所が管理する鈴川跨線橋及び8号道路跨線橋を点検対象とする。橋梁点検は、現地踏査を行い、点検方法を検討したのち点検実施計画書の作成を行い定期点検を実施した。橋梁点検の結果、8号道路跨線橋は剥離鉄筋露出等が著しいため3判定と診断した。
期 間 2021/12/07~2022/05/31
本業務は,静岡県磐田市内にて供用中の「今之浦橋」と「中央橋」の主構類(主桁等)の塗替え塗装工に関する補修設計業務である.過年度の塗膜調査にて,対象橋梁の既存塗膜に有害物質である低濃度PCBと鉛が含まれていることが判明した.本設計では,有害物質を含む既存塗膜の塗替え塗装に関する詳細設計を行うとともに,工事実施に関する施工計画や関係機関協議,電算帳票を作成する.
期 間 2021/11/17~2022/03/23
本業務は,藤枝市岡部町宮島地先にある朝比奈川支川シボ沢川砂防堰堤おいて,堰堤裏に堆積した土砂や流木の撤去計画を立案する業務である。設計業務に必要な測量作業(基準点測量,現地測量及び路線測量等)を行い,堰堤裏から堆積した土砂を場外に搬出する方法の検討(仮設構造物設計)を行う。なお,砂防堰堤付近まで接続する現況の道路幅員がW=2.5m程度と狭いため,撤去計画の検討は,通行可能な重機や運搬車等を想定し行うものとする。土砂の搬出方法の検討は,通行可能な選択された重機等やそれ以外の場合も含め,7つの方法で比較検討を行った。検討した結果,最も実現の可能性のある方法として,索道による土砂の搬出方法を選択し仮設構造物設計を行った。
期 間 2021/03/26~2022/03/18
本業務は、二級河川家代川に架かる一丁田橋から宇洞橋までの1.05kmでの4級基準点測量・現地測量・河川測量を行った。本調査区域は、掛川市公共基準点を基に4級基準点を配点し、現地測量をおこない、決定した線形に沿って中心線間隔25mピッチで縦断測量・横断測量を行い護岸設計に必要な図面の作成を行った。
期 間 2021/06/30~2022/03/18
本業務は、静岡県島田土木事務所が管理する二級河川志太田中川の河川拡幅に伴う護岸改修を目的とし、志太田中川水系河川整備計画に基づく、確率規模1/5の治水目標による両岸の護岸詳細設計を実施するものである。設計対象区間は、準用河川天王川合流点上流から田中川排水機場までの六軒屋橋条件護岸を除く延長470mの区間とする。
期 間 2021/11/10~2022/03/18
本設計は、焼津市高新田地内における(主)焼津榛原線(藤守~吉永)の延長約1.38km区間における、情報ボックスの詳細設計L=1.2km、道路案内標識詳細設計N=2基および仮設道路計画(修正設計)N=1業務である。
期 間 2021/12/02~2022/03/15
 本業務は、一級河川小潤井川の河川整備計画に位置付けられている流下能力を確保するため、市道柳田橋の架け替えが計画されており、それに伴う仮桟橋・仮橋詳細設計及び電算帳票作成を行うことを目的とする。  柳田橋架け替え工事中は、住民の利用状況により背後道路を施工ヤードとして使用する際に制限されるため、河川内に仮桟橋をかけて対応する。また、歩行者用通路が確保できないため、柳田橋下流部に歩行者用仮橋をかけて対応する。
期 間 2021/03/17~2022/03/15
本業務は、藤枝市岡部町岡部地内の岡部牛ケ谷B急傾斜地崩壊危険区域において土砂災害を未然に防止し人家および人命を保全することを目的に、急傾斜地崩壊対策施設の対策工法の比較および決定工法の詳細設計を実施した。また、設計図面および数量計算書に基づき、設計書データを作成した。