株式会社フジヤマの受注業務・工事一覧

円の表示は近くにある業務・工事データ数を表しており、地図を拡大すると業務・工事データ位置情報(点・線・面)が表示されます。

177件中 61-70件表示

期 間 2023/01/12~2023/03/24
本業務は、谷穴地すべり防止区域においてUAVレーザ計測及び地すべり対策施設の調査を実施した。取得したUAVレーザ計測データ及びVIRTUAL SHIZUOKA 静岡県 中・西部 点群データ(令和3年取得)から平面図を作成した。また、地すべりの状況把握のためVIRTUAL SHIZUOKA 静岡県 中・西部 点群データ(令和3年取得)と本業務で取得したUAVレーザ計測データを比較して地形差分を可視化した差分図を作成した。地すべり対策施設の調査では、既存資料及び現地調査から地すべり対策施設を作成した平面図に転写した。現地調査時には、地すべり対策施設の現況把握も行った。
期 間 2022/09/26~2023/03/22
本業務では、2022年の台風15号で被災した砂防堰堤の新設の設計を行うためにUAVレーザ計測を実施した。取得したUAVレーザ計測データから平面図を作成した。また、VIRTUAL SHIZUOKA 静岡県 中・西部 点群データ(令和3年取得)と本業務で取得したUAVレーザ計測データを比較して地形差分を可視化した差分図を作成した。
期 間 2022/10/05~2023/03/20
本業務は周智郡森町一宮地先の二級河川一宮川において、台風15号の豪雨により崩壊した公共施設(2箇所)の機能回復のための測量設計を行ったものである。下流部左岸側では、河床洗掘の影響により、ふとんかご多段積護岸の安定性が失われ転倒し、上下流で接するコンクリートブロック積護岸の背面土砂流出が起きたことにより被災した。右岸側では、左岸で転倒したふとんかごが落差を作り、落差部直下の局所的な河床洗掘によりブロック積護岸の基礎部および背面土砂が流出したと推測される。当該箇所は最深河床の評価高から1.0m根入れを取ったコンクリートブロック積工により復旧する計画とし、落差部は護床ブロックを用いた根固め工を計画した。護床ブロックの重量は、流速による検討および経済比較から、1tタイプを採用した。上流部は、河床洗掘の影響により護岸が安定性を失い沈下しブロック積護岸が折損したと推測される。当該箇所は最深河床の評価高から1.0m根入れを取ったコンクリートブロック積工により復旧する計画とした。その他、施工計画・仮設計画の立案を行った。
期 間 2022/10/05~2023/03/20
本業務は周智郡森町一宮地先の二級河川一宮川において、台風15号の豪雨により崩壊した公共施設(4箇所)の機能回復のための測量設計を行ったものである。No.9では、天端からの侵食による被災を受けたと推察されるため、護岸構造は最深河床の評価高から1.0m根入れを取ったコンクリートブロック積工の上位に張コンクリートを設置する構造とした。No.39-1では、河床洗掘と流体力の影響により、ブロック積護岸および排水管が被災を受けており、護岸構造は最深河床の評価高から1.0m根入れを取ったコンクリートブロック積工を採用し、排水工の設計を行った。No.39-2では、河床洗掘により、根継ぎ工およびブロック積護岸が被災したと推察されたため、コンクリートブロック積の前面に根固めブロックを設置する構造とした。No.40-1では、流体力の影響により、土羽部分が侵食されたことにより土羽部と排水工が被災したと推察されたため、コンクリートブロック積護岸および排水工の設計を行った。その他、災害査定用資料として概要書およびA・B表の作成と、施工計画・仮設計画、電算帳票作成を行った。
期 間 2022/09/30~2023/03/24
本業務は、令和4年9月23日に発生した台風15号により被災した一級河川相賀谷川(8箇所)及び一級河川伊久美川(2箇所)について、災害復旧工事を早急に行うため、必要な測量及び護岸詳細設計を行った。被災原因は、主に河床洗掘による被災、流体力によるブロックの移動・流出、天端からの侵食による被災であった。被災箇所が水衝部にあたり、既設護岸の基礎部が洗掘された状況が多くみられた。復旧検討は、まず復旧範囲を決定し、次に根入れおよび計画高を設定し、工法検討を行った。当該箇所は、大井川水系の玉石を流用することが経済性に優位であることから、石張(練)工を多くの箇所で採用した。基本的には現況復旧とするが、再度災害防止を考慮した計画とした。さらに、施工計画、仮設計画、電算帳票作成を行った。
期 間 2022/09/30~2023/03/20
本業務は、本業務は、浜松市天竜区春野町長蔵寺地先の(一)熊切川における台風15号により崩壊した公共施設の機能回復のための測量設計を行うことを目的とする。被災メカニズムは、異常降雨による増水した河川流水により土羽が浸食され、上流部のすり付け護岸が崩壊した。設計は、現地調査を行い、被災メカニズムを推定し、流速の検討及び復旧工法をABC 表より作成した。復旧工法は、ブロック積みを選定し、景観・環境に配慮したブロックを採用した。また、施工計画や災害査定用資料作成を行った。測量は、現地測量及び路線測量を行い、設計に反映した。
期 間 2022/09/30~2023/03/20
本業務は、本業務は、浜松市天竜区春野町長蔵寺地先の(一)熊切川における台風15号により崩壊した公共施設の機能回復のための測量設計を行うことを目的とする。被災メカニズムは、異常降雨による増水した河川流水により河床洗掘が発生し、コンクリートブロック積みが崩壊した。設計は、現地調査を行い、被災メカニズムを推定し、流速の検討及び復旧工法をABC 表より作成した。復旧工法は、大型ブロック積みを選定し、景観・環境に配慮したブロックを採用した。また、施工計画や災害査定用資料作成を行った。測量は、現地測量、路線測量及び立竹木調査を行い、設計に反映した。
期 間 2022/11/11~2023/03/15
本業務は、(主)掛川浜岡線(大東菊川線)において、舗装修繕断面設計に必要となる基礎資料の取得を目的とし、路面調査、試掘調査、試料採取および室内土質試験を実施したものである。路面調査の結果、当該区間には、轍掘れや亀甲状のひび割れといった変状を確認した。4箇所の試掘箇所より、採取した5試料を対象にCBR試験を実施した。舗装構成は、全ての地点においてアスファルト-砕石-路床土の3層構成であり、路盤部の上下層判別は困難であった。路床土は全ての地点で礫分の優勢な層が分布しており、舗装直下に分布する礫質土は道路敷設時に構築された盛土層であると考えられる。なお、礫質土層の下位には自然地盤と考えられる砂質土層が確認された。地下水は、終点側を除いた3箇所においてGL-1.20~1.25m付近に確認された。CBR試験の結果、盛土に相当すると考えられる礫質土層のCBR値は77.8~149.9%を示し、自然地盤の砂層のCBR値は13.7%であった。調査結果のとりまとめのほか、残存等値換算厚の計算に用いる係数の提案を行った。
期 間 2022/10/05~2023/03/20
本業務は周智郡森町一宮地先外の二級河川太田川の支川伏間川および瀬入川において、台風15号の豪雨により崩壊した公共施設の機能回復のための測量設計を行ったものである。No.53伏間川では、河床洗掘および上流側の越流による河岸侵食が原因で被災したと推察されたため、最深河床の評価高から1.0m根入れを取ったコンクリートブロック積による復旧とした。No.61区間では、湾曲部の外岸で、河床洗掘及び吸出しにより護岸が崩壊したと推察された。勾配1:1.5の法面にブロック張り護岸を実施し、対岸側の護岸工との干渉が発生しないように最深河床評価高を基礎工天端高とし根固ブロックを計画した。No.88瀬入川では、落差工の直下流で河床洗掘及び背面土砂の吸出しにより両岸の堤防が陥没したと推察された。現地状況より、最深河床評価高を基礎工天端高とし、コンクリートブロック積および根固工の設置の工法を採用した。No.136伏間川では、河床洗掘が原因で被災したと推察されたため、最深河床の評価高から1.0m根入れを取ったコンクリートブロック積による復旧とした。その他、災害査定用資料の作成と、電算帳票作成を行った。
期 間 2022/10/05~2023/03/20
本業務は周智郡森町問詰地先外の二級河川太田川およびその支川において、台風15号の豪雨により崩壊した公共施設の機能回復のための測量設計を行ったものである。No.60太田川右岸では、鉄線籠護岸が橋脚の影響で護岸に流体力が働き、吸出しが発生し、被災に至ったと推測される。護岸は上下流の護岸との整合から鉄線籠型多段式護岸を採用した。No.87葛布川両岸では、石積護岸が河床洗掘の影響で被災していたため、最深河床の評価高から1.0m根入れを取ったコンクリートブロック積による復旧とした。No.92太田川では、橋梁条件護岸の擦り付けをしていた蛇篭が吸出しにより被災し、その下流側の大型ブロック張工の裏を吸出したことにより被災したと推測される。護岸構造は、蛇篭部はコンクリートブロック積を採用し、大型ブロック張工部は大型連節ブロック張を採用した。No.113敷地川では複数個所が被災し、流体力、天端からの侵食、河床洗掘による被災を受けたと推測された。護岸構造はコンクリートブロック積護岸とし、基礎下が空けた落差部は、根入れを確保した落差工を計画した。その他、災害査定用資料の作成と、電算帳票作成を行った。