服部エンジニア株式会社の受注業務・工事一覧

円の表示は近くにある業務・工事データ数を表しており、地図を拡大すると業務・工事データ位置情報(点・線・面)が表示されます。

230件中 121-130件表示

期 間 2022/03/12~2023/01/24
本業務は,(主)掛川天竜線の田川橋側道橋,(主)磐田天竜線の境橋及び広野橋について適切な補修により施設の安全性と長寿命化を図ることを目的とする。業務の具体としては,令和2年度に実施した橋梁定期点検結果及び本業務の現況調査結果に基づき,長寿命化に必要な補修について検討,設計を行うものである。
期 間 2022/06/16~2023/01/16
本業務は、静岡県袋井市および磐田市を流下する二級河川前川水系を対象に、過年度に検討された流出・氾濫モデル(1池モデル)について、その妥当性を確認するために水位計とカメラによる現地観測及びデータ整理を行うことを目的とする。また、令和4年9月23日から24日にかけての台風15号の影響による、二級河川前川流域の浸水範囲の調査および、二級河川敷地川における洪水痕跡調査を実施した。
期 間 2022/05/03~2022/11/30
本業務は、特定の盛土施工箇所2箇所(杉尾地区、日向地区)について盛土施工前と施工後における測量成果を比較し、盛土の範囲や盛土量の算定、さらには土砂の流下する恐れのある範囲の推定を目的とした。 令和3年度静岡県中・西部航空測量レーザー測量成果と、平成25年度レーザー測量成果・昭和39年測図森林基本図を比較することにより地形の解析を実施し、改変範囲の確認、土量の算定、メッシュ縦横断図の作成、土砂流出範囲の推定を実施した。
期 間 2022/03/29~2022/10/14
本業務は、(国)150号の村前東橋横断歩道橋、(一)磐田細江線の豊田南小橋横断歩道橋について適切な補修を実施することにより、施設の安全性の向上と長寿命化を図ることを目的とする。対象橋梁は、平成30年までに塗替え塗装などの比較的大規模な補修工事を完了している。しかし、令和2年度の定期点検結果では、部分的な腐食や鋼部材の欠損など2判定の診断結果となった。したがって、本業務では、予防保全の観点から現況調査を実施し、補修設計を行ったものである。補修設計の内容は、鋼部材の補修、コンクリート部材の補修及び橋面の補修等について検討を行い補修設計を行った。
期 間 2022/06/22~2022/10/14
本業務は、(国)473号の島田市竹下地内から本村地内の延長約10km及び(主)島田川根線の島田市相賀地内から島田市丹原地内の延長約9kmにおいて、現況調査を行い、ガードレールまたはガードパイプの現況状況を確認する。その結果、損傷や劣化が著しく、取り替えが必要な箇所については、基礎構造も含め修繕計画を行い、概算工事費を算出することを目的として実施する。
期 間 2022/04/01~2022/10/06
本業務は、(一)大東菊川線の菊川市高橋地内において、当該区間の道路を利用する歩行者の安全確保のため、詳細設計を行う業務である。現況道路の左側に、歩行空間を新たに設けるため、実測した測量結果をもとに官民境界の立ち会いを行い、確定できた官地内において歩道詳細設計と工事に必要な電算帳票作成を行う。なお、歩道詳細設計は、地元地権者の意見を参考に計画を行うものとする。
期 間 2022/03/30~2022/09/30
本業務は、島田市福用地内における(国)473 号の道路谷側法面の安定性の確保のために必要となる法面工予備設計を行う業務である。計画地点は急な曲線部であり、道路の沈下を抑止して走行性の維持を確保することを目的とする。予備設計は、基本条件及び現況の状況を踏まえて平面・縦横断計画を行う。また、それに伴い法面工の比較検討を行い、最適な法面抑止法を選定する。合わせて、検討に必要な現地測量、路線測量を実施する。
期 間 2022/02/22~2022/09/30
本業務は,榛原郡川根本町久保尾地内,(国)362号で供用中の前城橋ならびに島田市川根町家山地内,(国)473号で供用中の宮川橋の橋梁補修に伴う設計業務である。前城橋は,1965年に架橋された鋼単純合成鈑桁橋で架橋から約57年経過し,1995年に塗替え塗装,2011年に耐震補強が実施された以降に補修工事は実施されていない。一方,宮川橋は1947年に架橋されたRC単純床版橋で1991年に道路改良工事によって下流側にボックスカルバートで拡幅されている。RC床版部は架橋から約75年経過しているが現況橋梁の状況からボックスカルバート部も含めて補修工事は実施されていない。両橋梁ともに令和2年度に実施された橋梁点検業務において前城橋は腐食,宮川橋は剥離・鉄筋露出の損傷が確認され,健全度の判定区分が3判定とされている。そのため,本業務では令和2年度の橋梁定期点検ならびに本業務における現地調査で確認した損傷状況から補修の要否について検討を行い,補修が必要な箇所について橋梁補修の詳細設計を実施したものである。
期 間 2022/02/15~2022/09/30
設計業務は、周智郡森町三倉地内における(主)袋井春野線「新乙丸橋」の橋梁現況調査、橋梁補修設計及び電算帳票作成業務を行うものである。新乙丸橋は、1999年(平成11年)に架橋された橋長25.5mの鋼単純非合成鈑桁橋であり、架橋より約23年が経過している。また、平成30年度に橋梁定期点検が実施されており、定期点検の結果、主桁の一部に層状剥離を伴う腐食が生じていることから早期措置の診断結果を受けている。上記より、当該橋梁は定期点検により早期措置の診断を受けていることから本業務において橋梁補修設計を実施するものである。