静岡県の発注工事一覧

円の表示は近くにある工事データ数を表しており、地図を拡大すると工事データ位置情報(点・線・面)が表示されます。

675件中 51-60件表示

令和2年度〔第32-I7215-01号〕(一)仁科峠宇久須線災害防除に伴う測量設計業務委託(13-01)

期 間 2020/09/08~2021/02/26
本業務は、賀茂郡西伊豆町宇久須地内に位置する(一)仁科峠宇久須線において、基準点測量、路線測量、現地測量及び落石防護柵詳細設計、落石予防工詳細設計を実施するものである。

雲見入谷竹カラシ 県単砂防等調査における測量業務委託13-01

発注者 静岡県
期 間 2020/11/20~2021/03/25
本業務は賀茂郡松崎町雲見地内における急傾斜地崩壊危険区域で発生した斜面崩壊の斜面対策計画立案に資するための資料作成を目的としたUAVレーザ測量業務委託である。

令和2年度[第32-D7056-06号](一)沼津小山線外橋梁補修に伴う橋梁補修詳細設計業務委託(天神橋・白糸橋・入山橋)

期 間 2020/10/06~2021/03/23
本業務は、(一)沼津小山線[天神橋・白糸橋・白糸橋-2]及び(一)竹之下小山線[入山橋]について適切な補修により施設の安全性と長寿命化を図ることを目的とする。業務の具体としては、平成29年度に実施した橋梁点検結果及び現地踏査結果に基づき、長寿命化に必要な補修及び補強について検討設計を行うことを目的とする。

令和2年度[第32-K1507-01号]一級河川高橋川 河川調査に伴う測量設計業務委託(浚渫ヤード測量設計)

期 間 2020/10/01~2021/03/25
高橋川において流下能力を低減させる堆積土砂の浚渫に伴う、管理用斜路等を設置する。

令和2年度[第32-K2480-01号]二級河川巴川(本川下流工区)総合治水対策に伴う測量業務委託(航空レーザ測量)

発注者 静岡県
期 間 2020/09/19~2021/03/15
本業務は、静岡県静岡土木事務所管内の県管理河川巴川において、河道の横断形状を把握し、効率的に河川横断図等を作成することを目的に、河床部を含む航空レーザ測深(ALB)を実施した。回転翼で水面下を含む地形データを取得するとともに、水底部の欠測箇所では河川深浅測量を実施した。また、点検測量として河川横断測量を実施し、ALB計測データの妥当性を確認した。これらのデータから、200mピッチの河川横断面図、縦断図を作成した。また、本業務成果と既存の横断測量成果の横断面を重ね合わせ、河床変動が把握できる重ね横断面図も作成した。その他、NETIS登録技術である「赤色立体地図(SK-130008-VE)」や簡易オルソフォトを作成した。

令和2年度[第32-C5412-01号](都)原駅町沖線街路整備に伴う電線共同溝詳細設計業務委託

期 間 2020/05/26~2021/03/15
本業務は、沼津市原地内の都市計画道路原駅町沖線における電線共同溝詳細設計1箇所、道路照明施設詳細設計0.28km及び電算帳票作成業務1件を実施することを目的とする。設計にあたっては過年度に実施された電線共同溝予備設計をもとに「電線共同溝設計マニュアル(案)中部地整:令和2年3月」に準じて、電線共同溝の最適な構造、線形、施工方法等の検討及び関係機関との打合せ協議を行い、電線共同溝の詳細構造を決定するものとする。

令和2年度[第32-W1602-01号]清水港海岸港湾現況等調査日の出地区海岸保全区域指定基礎資料作成業務委託

期 間 2021/01/21~2021/03/23
 本業務は、日の出地区における海岸保全区域の指定に必要となる資料を作成したものである。海岸保全区域は、海側は水際線までとし、陸側区域については、港湾隣接地域内に保全区域が入るように設定した。

令和2年度[第32-K3021-01号]一級河川風祭川河川改良に伴う測量・設計業務委託

期 間 2020/09/10~2021/03/23
本業務は富士宮市宮原の一級河川風祭川において荒廃河川の整備を目的に護岸工・落差工の測量・詳細設計を実施し報告したものである。

令和2年度[第31-K2633-01号]一級河川沼川ほか広域河川改修工事(河床掘削工)その2

期 間 2020/10/01~2021/03/26
沼川工区 133m 掘削(泥上掘削機)1200m3 積込(超ロングアームバックホウ)1200m3    赤渕川工区 570m 掘削(ICT)[ICT建機使用割合100%]5400m3

令和2年度[第31-D7095-04号](一)三島静浦港線橋梁補修に伴う設計業務委託(新城橋)(13-02)

期 間 2020/07/07~2021/03/19
本業務は、(一)三島静浦港線の新城橋について適切な補修により施設の安全性と長寿命化を図ることを目的として、平成29年度に実施した橋梁点検結果及び現地踏査結果に基づき、新城橋の長寿命化に必要な補修について検討・設計を行う。