静岡県の発注工事一覧

円の表示は近くにある工事データ数を表しており、地図を拡大すると工事データ位置情報(点・線・面)が表示されます。

1,664件中 1,631-1,640件表示

平成30年度[第30-D6150-01号](国)473号道路改良(地域連携2A)地域高規格に伴う電算帳票業務委託

期 間 2019/02/05~2019/09/30
本業務は、国道473号バイパス(金谷相良道路II期工区)の工事発注に必要な電算帳票作成を行う。

平成30年度[30-K3252-01号]二級河川太田川河川改良工事に伴う測量業務委託(航空レーザー測量)【13-01】

期 間 2019/03/27~2019/09/30
航空レーザ測深により地形データを詳細に取得し、河川管理の基礎資料を作成する

平成30年度[第30-D4600-01号](-)富士由比線 社会資本整備総合交付金(県道橋梁改築)工事(右岸護岸工・ICT導入型)

期 間 2018/09/04~2019/06/28
河川土工1式 護岸基礎工1式 法覆護岸工1式 根固め工1式 構造物撤去工1式 仮設工1式

平成30年度[第30-B0452-02号]一級河川不動川災害復旧工法委託(河川調査)に伴う測量・設計業務委託

期 間 2018/10/16~2019/01/31
本業務は、浜松市天竜区春野町和泉平地先において、一級河川不動川(L=105m)に対して測量・設計を行った。

平成30年度[第30-D3050-01号](国)473号原子力発電所関連道路整備事業工事(舗装工)

期 間 2018/12/20~2019/05/31
施工延長 63m  切削オーバーレイ工 775m2

平成30年度[第30-I8182-01](国)473号舗装補修(修繕)工事(舗装工)

期 間 2018/12/20~2019/04/30
路面切削2,670m2、床掘50m3、残土処理50m3、不陸整正2,670m2、基層2,670m2、表層2,670m2

平成30年度 御前崎海岸ほか 海岸調査に伴う遠州灘沿岸侵食対策検討業務委託【13-01】

期 間 2018/11/22~2019/03/22
遠州灘沿岸(湖西海岸~相良海岸)を対象とし、波浪来襲特性の把握、地形変化解析、委員会運営補助を行った。波浪・潮位データの解析を行い、高波浪来襲時の被災状況等を整理した。測量成果および垂直空中写真を収集し、海岸地形変化解析を行って地形変化実態を把握し、対応方針を検討した。侵食対策の評価方法として、海浜断面積の指標値を提案した。漁業と連携した海底地形モニタリング結果を解析し、今後のモニタリング結果利用方法を提案した。委員会資料作成にあたっては、天竜川総合土砂管理計画を踏まえた長期的な地形変化予測結果(別途業務成果)をもとに、今後の海岸域での総合土砂管理の方向性を検討し、課題を整理した。

平成30年度[第30-K5100-01号]竜洋海岸侵食対策事業(防災・安全交付金)に伴う測量業務委託(海岸深浅測量)【13-01】

期 間 2018/09/06~2019/03/15
本業務は今後の海岸事業に資することを目的として静岡県袋井土木事務所管内の竜洋海岸L=4578mから磐田海岸L=922mおよび福田海岸において深浅測量・汀線測量を実施し既存の測量データと合わせ海岸地形や汀線の経年変化を把握するものである。調査は43測線で実施し横断面図、等深線図を作成した。過去とのデータ比較は汀線変化図・断面積変化図・土量変化図等を作成し海岸の地形変化を把握した。また海岸保全施設である離岸堤の嵩下げによる漂砂の連続性確保に伴う影響を把握するため、離岸堤設置区間600mの範囲にて50m間隔の汀線測量を実施した。この他、離岸堤測量(ブロック高測定)を実施した。

平成30年度[第30-S7462-01号]宮脇 県単砂防等調査(急傾斜)に伴う測量・設計業務委託(擁壁補強詳細設計)【13-01】

期 間 2018/08/31~2019/03/15
本業務は、「平成28年度[第28-S7461-01号宮脇県砂防等調査(急傾斜)に伴う擁壁調査業務委託【13-01】」にて擁壁調査及び構造物診断された、崩壊対策施設の予備設計を行うものである。

平成30年[第30-D3600-01号](一)河津下田線 伊豆地域振興対策道路整備事業に伴う設計業務委託(道路予備設計)(13-01)

期 間 2018/09/28~2019/03/15
本業務は、(一)河津下田線の下田市と河津町の市町堺を跨ぐ区間において道路予備設計を行い、事業実施に必要となる事前調査の内容や全体事業費の概算を把握することを目的に実施した。業務は、現地踏査・地質調査を基に第3種第4級、40km/h、N4交通区分、幅員7.0m(歩道無し)を設計条件として現道活用によるコスト縮減を観点に4案の路線検討を行い、縦断勾配特例値の範囲内で計画できる第2案を採用案とした。道路予備設計では、設計区間1.25kmに対しトンネル(748m)、補強土工及び付替水路工(横断函渠工等)の主要構造物計画を行い、概算工事費を算出した。