静岡県の発注工事一覧

円の表示は近くにある工事データ数を表しており、地図を拡大すると工事データ位置情報(点・線・面)が表示されます。

1,664件中 1,601-1,610件表示

令和元年度[第30-S7492-01号]大日堂県単砂防等調査(急傾斜)に伴う測量・設計業務委託(予備設計)

期 間 2019/09/25~2020/02/28
 本設計業務は、島田市岸町地内の県単砂防等調査(急傾斜)事業に伴う予備設計を行うものである。設計箇所は六合駅より約1.3km北東に位置し、養命寺及び大日堂の北側の住宅地を囲む斜面で、斜面高は約7mから50m以上の斜面である。この予備設計では、市道大日堂北線(その他市道)沿いの南側斜面から北側斜面にかけた延長156m程度の斜面であり、急傾斜地の崩壊を想定した法面工及び待ち受け擁壁等の予備設計を行うものである。また、島田市の委託業務である急傾斜地指定の資料とする。

令和元年度[第31-K4426-01号]一級河川滝川緊急自然災害防止対策事業に伴う測量・設計業務委託

期 間 2019/09/26~2020/02/25
本業務は、一級河川滝川を横過する道路橋「神戸橋」区間の河道が狭窄部となっており、近年の災害状況から周辺住民の不安が大きくなっている。このため、既設橋(神戸橋)を存置したまま河道中央部の掘削を行い、流下能力向上対策を行う。このため、橋台の床付け位置の調査を行い、既設橋台と既設護岸に悪影響を及ぼさない範囲で、どこまで河床を下げ、河積断面の確保ができるのかを検討した上で、工事発注に必要となる図書を作成した。

令和元年度[第31-S5713-01号]東大谷川 県単砂防等調査(砂防)に伴う測量・設計業務委託【13-01】

期 間 2019/10/16~2020/02/28
本業務は、二級河川東大谷川(掛川市大渕地先)において、護岸工設計に必要な測量設計業務を行うことを目的とする。

令和元年度〔第31-S7451-01号〕東野田県単砂防等調査(急傾斜)に伴う測量・設計業務委託(予備設計)

期 間 2019/09/25~2020/02/28
本業務は、島田市野田地内の県単砂防等調査(急傾斜)事業に伴う予備設計を行うものである。設計箇所は島田駅より約2km北東に位置し、駒形古墳(1号墳)及び東野田1号線から星の動物クリニックに囲まれた斜面となり、斜面高は10mから22m以上の斜面である。この予備設計では、市道東野田1号線付近の北側斜面から南側斜面にかけた264m程度の斜面であり、急傾斜地の崩壊を想定した法面工及び待ち受け擁壁等の予備設計を行うものである。また、島田市の委託業務である急傾斜地指定の資料とする。

令和元年度[第31-I8024-40号](国)362号舗装補修(修繕)に伴う舗装たわみ量調査業務委託

期 間 2019/11/27~2020/03/16
静岡県島田土木事務所が管理する道路舗装の構造調査(たわみ量調査)を行い、路床のCBRを推定する

令和元年度[第31-D7205-05号](国)362号ほか防災・安全交付金(橋梁定期点検)業務委託

期 間 2019/10/01~2020/02/21
 本業務は、「橋梁点検マニュアル」に基づき、国道および県道に架橋する19橋の橋梁点検を実施した。  点検の結果、緊急的な対応を必要とする橋梁は見られなかった。早期措置が必要な橋梁が2橋、予防保全の観点より措置が望ましい橋梁が9橋、健全な橋梁が8橋であった。  早期措置が必要な橋梁の損傷は主に、支承部の腐食、支承アンカーボルトの破断、遊間異常による移動量の変形である。構造に影響を与えるため、早期に措置を講ずべき状態である。

(一)南伊豆松崎線県単道路改築に伴う設計業務委託(道路整備方針策定補助業務)(13-04)

期 間 2019/10/05~2020/02/14
本業務は、(一)南伊豆松崎線における狭隘区間の解消を目的とした、道路整備方針資料作成業務である。

令和元年度[第31-B0301-02号]二級河川興津川災害復旧工法委託(河川調査)に伴う測量・設計業務委託

期 間 2019/10/17~2020/02/28
本業務は静岡県静岡市清水区但沼町・大平・谷津町地先の二級河川興津川において、令和元年度10月12日の台風19号により被災した護岸の災害復旧を行うために、被災した箇所の被災状況を調査し、復旧に必要な河川施設の査定設計及び実施設計を行った。

令和元年度[第31-K5252-01号]清水海岸海岸改良に伴う測量・設計業務委託

期 間 2019/12/23~2020/02/14
本業務は、令和元年度10月12日の台風19号により被災した静岡市清水区三保地先「2号消波堤(復旧延長L=100.0m)」「真崎海岸護岸(復旧延長L=161.1m)」の2箇所において、別途業務により選定された復旧工法に対し図面作成を行ったものである。被災状況の把握は、現地踏査および現地測量結果に加え、UAVを使った写真撮影を行い、その結果から被災範囲の設定を行った。