業務・工事データ一覧 過去の業務・工事データ一覧はこちら

3,889件中 51-60件表示

発注者 静岡県 袋井土木事務所
受注者 服部エンジニア株式会社
期 間 2022/02/15~2022/08/31
本業務は、二級河川沖之川の右岸No.53+5.00(令和2年度工事終点)よりNo.67+18.65(平成29年度修正設計起点)までの護岸修正設計および電算帳票作成を行う。
発注者 静岡県 袋井土木事務所
受注者 服部エンジニア
期 間 2021/09/22~2022/08/31
本業務は,(一)山梨一宮線(都市計画道路森町インター通り線)の道路改築に伴い,周智郡森町谷中地内において交差道路となる(主)焼津森線が(二)小薮川を渡河する区間の橋梁予備設計を目的とした設計業務委託である.
発注者 静岡県 熱海土木事務所
受注者 静岡コンサルタント株式会社
期 間 2022/03/03~2022/08/31
国道135号(伊東市宇佐美地区)の歩道は、老朽化に伴う舗装のひび割れや段差、さらに路肩部の側溝蓋の破損、防護柵の腐食等が顕在化している。一方、超高齢化社会への対応や新型コロナウイルス等感染症対策の観点から「新しい生活様式」に対応した道路環境整備が求められている。本業務委託は、道路利用環境改善を図るための歩道改修工(縁石・舗装修繕、側溝蓋修繕、転落防止策等の更新ほか)の詳細設計を行うことを目的とする。基本設計時に作成した「基本計画図」をベースに、要改修部について工事発注するための詳細設計図面等を作成するものである。現地調査及び地元ヒアリングより改修項目を詳細に洗い出し、歩行者、自転車、車椅子利用者等、誰もが使いやすい歩道の整備を検討した。本業務地は歩道の一部が波返し構造物の上に整備された張り出し歩道であったため、クラックや舗装剥離の補修工法検討を行い、通常の舗装クラック補修に用いる工法ではなく、コンクリート構造物に用いる工法を採用した。
発注者 長野県 飯田建設事務所
受注者 株式会社AB.do
期 間 2021/09/22~2022/08/31
 本業務は、(国)256号 飯田市 下久堅バイパスにおいて、完了している2次元の既存設計成果に基づき、地元説明における合意形成の円滑化に資する資料のデータ作成を目的に、土工の3次元設計、及び付随する構造物の3次元モデル作成、並びにそれらの作成にあたり必要となる地形測量を実施することを目的とする。
発注者 静岡県 袋井土木事務所
受注者 株式会社建設コンサルタントセンター
期 間 2022/03/17~2022/08/31
本業務は、「歩道橋定期点検要領 平成31年3月 国土交通省道路局 国道・技術課」(以下「点検要領」)及び「横断歩道橋定期点検要領 平成31年2月 国土交通省道路局」(以下「点検要領:その2」)に基づき、静岡県が管理する横断歩道橋について点検を行い、損傷及び変状を早期に発見し、安全かつ円滑な交通を確保するとともに、沿道や第三者への被害の防止を図るための効率的な維持管理に必要な基礎資料を得ることを目的とする。
発注者 静岡県 島田土木事務所
受注者 昭和設計株式会社
期 間 2021/10/21~2022/08/31
本業務は、管理上重要である新瀬戸川橋(上り線)について、現行の道路橋示方書で要求される耐久性能や安全性能に対する検証・照査を行い、不足する耐力等について補修設計及び耐震補強設計を実施することを目的とする。橋脚柱の耐震補強では工法比較を行い、河川への影響が最も少なくなる鋼板巻立て工法を選定した。落橋防止システム設計では、橋台部は緩衝チェーン、橋脚部は緩衝ベルトを落橋防止構造として選定した。支承部対策として、固定・可動ゴム支承装置への支承取替を選定した。橋長:140.2m、総幅員:12.25m、上部工形式:4径間単純活荷重合成鈑桁橋、下部工形式:逆T式橋台、張出式橋脚。
発注者 静岡県 沼津土木事務所
受注者 株式会社駿河調査設計
期 間 2021/06/22~2022/08/30
当業務は、二級河川鮎沢川(駿東郡小山町生土地先)において、既設落差工を改築して魚道工を取り付ける詳細設計を行うものである。 魚道は、当該河川の特性(河道の状況、生息魚種の把握等)を踏まえて、機能性、安全性を高め、かつ自然環境を考慮した、合理的な工法を検討するものとする。                                  なお、既存の落差工についても、永年における洪水等の影響により施設の損傷等が大きいことから、合わせて改築するものとする。
発注者 静岡県 沼津土木事務所
受注者 静岡コンサルタント株式会社
期 間 2021/06/08~2022/08/31
(一)下土狩徳倉沼津港線の橋梁改築事業において、本業務は境川の長伏地区と的場地区に架橋する橋梁の予備設計を行うものである。現地踏査及び設計条件の整理を行い、橋長を設定した上で、橋梁形式の選定を行った。橋長は、交差する河川(境川)条件を基に20.2mに決定した。上部工形式は、適用支間より第1案:鋼単純合成H桁橋、第2案:PC単純プレテンション方式床版橋、第3案:PC単純プレテンション方式T桁橋で比較した。その結果、経済性や維持管理性等総合的に優れる第3案:PC単純プレテンション方式T桁橋を採用した。下部工形式は、躯体高より逆T式橋台とした。基礎工形式は、(1)支持層の深度が60m以深(2)支持層は玉石混り砂礫層(礫径300mm以下)(3)民家やポンプ場が近接(4)正規圧密層が深度約47mまであり杭基礎に負の周面摩擦力が大きく生じることに着目し、適用性の高い第1案:NB(中掘り杭)工法(SL鋼管杭)、第2案:場所打ち杭工法、第3案:回転杭工法で比較した。その結果、大深度及び軟弱地盤でも施工性や安定性能を確保でき、経済性に優れる新工法である第1案:NB(中掘り杭)工法(SL鋼管杭)を採用した。
発注者 静岡県 袋井土木事務所
受注者 不二総合コンサルタント株式会社
期 間 2022/03/17~2022/08/31
本業務は一般県道磐田袋井線に架かる7橋の歩道橋について、歩道橋定期点検要領に基づき定期点検を実施した。
発注者 静岡県 袋井土木事務所
受注者 昭和設計株式会社
期 間 2022/03/08~2022/08/31
本業務は、静岡県が管理する(一)日坂沢田線(掛川市八坂地内)の門型標識について、適切な管理及び施設の長寿命化を図るために、補修工事を実施する設計業務である。 門型標識の損傷及び変状等を把握し、補修詳細設計を行うことを目的とする。