工事データ一覧 過去の工事データ一覧はこちら

2,494件中 51-60件表示

令和2年度 西山寺ほか効果促進(砂防)に伴う測量・設計業務委託(土砂災害警戒区域看板等設置検討)

発注者 静岡県 交通基盤部
受注者 服部エンジニア株式会社
期 間 2021/03/18~2021/10/29
本業務は、土砂災害(特別)警戒区域の周知を進めるために検討している土砂災害警戒看板について、看板設置候補箇所について整理し、看板の盤面レイアウトや構造の標準仕様を作成することを目的とする。看板設置候補箇所の整理は、公共施設等設置候補箇所の情報を収集・追加調査し、GIS上で土砂災害警戒区域との解析を行い、設置候補箇所の施設管理者(市町)との協議用資料を作成した。看板の標準盤面レイアウト作成は、ユニバーサルデザインや外国人県民への情報伝達を意識して作成した。看板の標準構造の設計は、自立垂直型、自立斜め型、付加型のタイプのうち、自立垂直型、自立斜め型について、耐久性や景観性、経済性などの観点から3案比較を行い、構造を決定した。

令和2年度[第32-S3202-01号]青谷 地すべり対策に伴う測量業務委託

発注者 静岡県 浜松土木事務所
受注者 株式会社フジヤマ
期 間 2021/03/22~2021/10/29
本業務は、青谷地区の地すべり区域(cブロック・dブロック・eブロック)の現地測量、縦断測量、横断測量を過年度に取得された航空レーザ測量データを活用して実施した。現地測量では、取得済みの3次元点群データから地形・地物等の図化・編集を行い数値地形図データを作成し、縦断測量・横断測量では取得済みの3次元点群データから地形変化点、地物等の情報を抽出し横ボーリング工詳細設計箇所の縦横断面図データファイルを作成した。また、地上型レーザスキャナを用いて現地補測作業を行い、航空レーザ測量データでは地形・地物等の判断が困難な箇所は地上型レーザスキャナで取得した3次元点群データから地形・地物等の情報を抽出した。

令和2年度[第32-G3231-01号]狩野川流域下水道改築狩野川西部浄化センター沈砂池ポンプ棟機械設備更新工事設計業務

発注者 静岡県 沼津土木事務所
受注者 内外エンジニアリング株式会社
期 間 2021/03/26~2021/10/29
狩野川西部浄化センターは、平成6年に供用開始した終末処理場であり、約26年が経過している。近年既存設備の老朽化が進み今後維持管理費・改築更新費の増大が予想されることから、事故の未然防止及びライフサイクルコストの最小化を図り、計画的な改築を行うため、平成30年度にストックマネジメント計画を策定したところである。本業務は、ストックマネジメント計画に基づき主ポンプ設備更新工事のための機械設備、および電気設備の実施設計(詳細設計)を行うものである。処理場全体の計画下水量は(事業計画/日最大)110,464m3/日であり、今回更新の対象となる計画下水量は(事業計画/日最大)12,251m3/日、(事業計画/時間最大)17,970m3/日である。更新対象となる主ポンプ設備は、立軸渦巻斜流ポンプ、吐出量9.5m3/分/台、口径300mm、電動機出力75kwであり、設置方法は5床式である。ポンプの運転方法は、安定した水処理の運転を目的として、回転数制御を行うこととした。また、ポンプ更新に合わせて現場操作盤の更新を行った。

令和3年度[第33-S2211-01号]口坂本(B地区)地すべり対策に伴う計器観測業務委託

発注者 静岡県 静岡土木事務所
受注者 日本工営株式会社
期 間 2021/06/26~2021/10/29
本業務は、口坂本地すべり防止区域(B地区)の地すべり挙動の把握するため、地すべり動態観測を実施した。動態観測では、既設の地盤伸縮計、垂直伸縮計、地下水位計、移動杭による定期観測と自動観測による継続的なモニタリングを行った。業務期間中の7月降雨により明瞭な地すべり変動が認められ、計器観測および現場巡視の結果から地すべりブロックは現状で活動中であると評価した。変動量が年10mm以上認められ、口坂本地区の概成基準に達していないことを確認した。また、既設の集水井17基の集水井調査では、施設状況の異常有無や地下水排除工の機能低下等を確認した。さらに、同地区で不具合が認められる地すべり監視システム機器(水位計センサーおよび避雷器)について維持修繕作業を行い、正常にデータ収集できるように復旧した。

令和2年度[第32-D8116-01号](国)473号ほか防災・安全交付金(橋梁補修・一般)事業に伴う塗膜分析業務委託(その2)

発注者 静岡県 島田土木事務所
受注者 大鐘測量設計株式会社
期 間 2021/03/26~2021/10/29
本業務は、静岡県が管理する(国)150号東橋側道橋ほか15橋について、塗装塗替時の作業員の安全確保と塗膜くずの適正な処分方法を検討する為の基礎資料収集を行った。調査対象橋梁は22橋で、その内の15橋に対して塗膜を採取し、塗膜分析として鉛、六価クロム、ポリ塩化ビフェニル(PCB)の含有量試験を行った。その結果、12橋で鉛の含有が、2橋で低濃度PCBの含有が確認された。

令和2年度[第32-D8116-01号] (一)接岨峡線ほか防災・安全交付金(橋梁補修・一般)事業 に伴う塗膜分析調査業務委託(その3)

発注者 静岡県 島田土木事務所
受注者 昭和設計株式会社
期 間 2021/03/30~2021/10/29
本業務は、静岡県島田土木事務所が管理する橋梁(27橋)について、塗装の剥離作業における作業者の安全確保と、塗膜くずの適正な処分方法を検討するための基礎資料収集を目的とし、PCBや鉛等有害物の含有について、塗膜分析調査を行うものである。

令和3年度 〔第33-K3032-01号〕一級河川大代川河川改良に伴う測量・設計業務委託(管理用斜路設計)

発注者 静岡県 島田土木事務所
受注者 大鐘測量設計株式会社
期 間 2021/06/01~2021/10/29
本業務は大代川の維持管理(浚渫等)に必要な恒久的な斜路の箇所選定および詳細設計を実施することを目的とする。現地踏査と同様に対象範囲を往還下橋上下流、左右岸のブロック分けをして検討を行った。区間2が既設坂路がなく、堆積箇所が一番多いため、余剰地が多い「往還下橋右岸上流部」を提案し、了承を得た。斜路の縦断勾配として2案を提示し、第1案坂路勾配10%小段ありで了承を得た。3案は1案坂路勾配10%小段あり、2案坂路勾配10%、3案坂路勾配6%とした。第1案について、斜路延長も短く、第2案よりも堤体の掘削が少なく、既設の活用の可能性もあることから、採用案とした。仮締切方法は、大型土のうによる締切を行う。大型土のう施工前に仮設坂路工を設置し、河川内へ進入する計画とする。大型土のう締切の規模について、上流の大代橋の水位観測所の過去5ヶ年の水位データより、斜路が河川へ接続するNO.2断面において、通水断面を確保した。

令和2年度[第32-D6300-01号](主)沼津土肥線道路改築工事(道路拡幅工)

発注者 静岡県 沼津土木事務所
受注者 有限会社岸野組
期 間 2020/09/26~2021/10/29
施工延長 85.3m 掘削工 4500m3 コンクリートブロック積工 95m2 植生工 270m2

令和2年度[第32-K3216-01号]一級河川黄瀬川河川改良に伴う測量業務委託

発注者 静岡県 沼津土木事務所
受注者 株式会社駿河調査設計
期 間 2021/02/13~2021/10/29
本業務は、一級河川黄瀬川において、河川改良計画設計に利用することを目的として、現況平面図・縦横断面図を作成する。

令和2年度[第32-5005-01号]相良須々木海岸高潮対策に伴う設計業務委託(地頭方工区詳細設計その2)

発注者 静岡県 島田土木事務所
受注者 服部エンジニア株式会社
期 間 2021/02/03~2021/10/29
本業務は、牧之原市地頭方地先における、相良須々木海岸の測点No.0~No.57付近の堤防本体工について別途業務にて実施した地質調査の結果を踏まえ、過年度に実施した「平成26 年度相良須々木海岸高潮対策事業(防災・安全交付金)に伴う設計業務委託(堤防詳細設計その1)」及び「平成27 年度相良須々木海岸高潮対策事業(防災・安全交付金)に伴う設計業務委託(堤防細部設計)」に基づき本体工の安定計算を行い、「平成26年度相良須々木海岸高潮対策事業(防災・安全交付金)に伴う設計・電算帳票業務委託(仮設工詳細設計)」に基づき、仮設構造物詳細設計を行うものである。 設計対象区間は、地頭方魚港から東沢川までの1.14kmとする。