業務・工事データ一覧 過去の業務・工事データ一覧はこちら

4,044件中 41-50件表示

発注者 静岡県 袋井土木事務所
受注者 服部エンジニア株式会社
期 間 2022/03/12~2023/01/24
本業務は,(主)掛川天竜線の田川橋側道橋,(主)磐田天竜線の境橋及び広野橋について適切な補修により施設の安全性と長寿命化を図ることを目的とする。業務の具体としては,令和2年度に実施した橋梁定期点検結果及び本業務の現況調査結果に基づき,長寿命化に必要な補修について検討,設計を行うものである。
発注者 静岡県 下田土木事務所
受注者 不二総合コンサルタント株式会社
期 間 2022/01/29~2023/01/20
本業務は、車両衝突事故により損傷した当該横断歩道橋について、現地調査等により測量・計測を行ったうえで、横断歩道橋補修工事に必要な図面・報告書を作成することを目的とする。
発注者 茨城県 高萩工事事務所
受注者 山川建設株式会社
期 間 2022/07/06~2023/01/11
歩道新設工事    L=220m  道路土工     N=1式  ブロック積擁壁工 L=26.5m  排水構造物工   L=156m  歩道舗装工    A=374m2
発注者 静岡県 下田土木事務所
受注者 株式会社ウインディーネットワーク
期 間 2022/03/12~2023/01/17
本報告書は、下田市高馬地内に位置する高馬下沢砂防等調査事業に伴う測量・予備設計業務をとりまとめたものである。設計については、実測した平面図、縦断面図、横断面図により、概略設計で決定した堰堤位置で砂防堰堤を設計した。自訴奥図面により検討した結果、堰堤高は6.0mとなった。
発注者 静岡県 沼津土木事務所
受注者 新日本設計株式会社
期 間 2022/07/15~2023/01/20
本業務は、御殿場市内における橋梁38橋の点検(定期点検(A)が5橋、定期点検(B)が33橋)を行った。調査は「静岡県橋梁点検マニュアル」による定期点検の項目に基づくものとし、桁下から地表面までの高さが4m程度以上で、梯子、脚立等により近接目視が困難な橋梁3橋(蓬来橋、蓬来橋側道橋上、蓬来橋側道橋下)については橋梁点検車による点検行い、上記以外の橋梁(35橋)は桁下から地表面までの高さが4m程度未満で梯子及び脚立等にて点検が可能または、桁下から地表面までの高さが4m程度以上だが橋梁点検車の使用な困難なことから、徒歩にて点検を行った。点検及び結果の判定は、静岡県橋梁点検調書作成システムに準じて行い道路橋元の健全度Iの橋梁3橋、健全度IIの橋梁27橋、健全度IIIaの橋梁8橋という結果になった。
発注者 静岡県 島田土木事務所
受注者 大河原建設株式会社
期 間 2022/03/22~2023/01/18
道路改良工事1式 施工延長L=124m 路体盛土690m3、路床盛土510m3、法面整形(ICT)660m2、張芝工660m2
発注者 静岡県 沼津土木事務所
受注者 今井建設株式会社
期 間 2021/08/27~2023/01/13
重力式擁壁工1型L=53.7m  重力式擁壁工2型L=10.1m  補強土壁工L=13.4m  吹付法枠工A=57.58m2  鉄筋挿入工N=27本
発注者 静岡県 浜松土木事務所
受注者 株式会社中部綜合コンサルタント
期 間 2022/07/14~2023/01/18
本業務は、浜松市南区頭陀寺町地先における二級河川芳川の災害復旧を目的とする測量・設計業務委託である。 二級河川芳川は、令和4年7月8日から10日の時間最大雨量24mm、総雨量119mmの異常降雨により右岸木柵護岸、左岸矢板護岸が被災した。 被災メカニズムは、異常気象により増水した河川の流水により河床が低下しており、根入れが減少したことで不安定化し護岸が崩壊した。 復旧工法は左岸の原形に合わせ矢板護岸とし、右岸は木柵護岸の立成木の根入れが無くなり中詰め材の流出が発生しているが、木柵の親杭が健全であることに加え護岸の大きな崩壊が無いため、災害復旧としては提案しないことになった。 矢板の長さは地質調査結果を基に計算を行い、経済性からハット型SP-25H、L=9.0mを選定した。 被災した矢板は傾斜が付いているため、バックホウの先端にバイブロを装着した特殊重機を用いて引き抜きを行う。 矢板の打ち込みは、地質調査結果よりN値が48~75と高い値の砂礫層が確認されているため、硬質地盤圧入機を用いる。また、堤防には桜並木があるため河川内へ仮締切りを兼用した仮設道路を設け、河川内から打設を行う。
発注者 福岡市 道路下水道局
受注者 株式会社日本インシーク
期 間 2022/01/18~2022/09/30
本業務は、アイランドシティ地区における下水道(雨水・汚水)整備を図るための詳細設計を実施したものである。また、i-Constructionの実現に向けて、BIM/CIMを活用した業務の試行を実施した。下水道詳細設計では、雨水渠□600×600~□1300×1300、汚水管Φ200の設計を行った。汚水管は、小口径推進工法及び開削工法で設計を行った。雨水のマンホ-ルは特殊マンホ-ルで設計した。
発注者 静岡県 袋井土木事務所
受注者 服部エンジニア株式会社
期 間 2022/06/16~2023/01/16
本業務は、静岡県袋井市および磐田市を流下する二級河川前川水系を対象に、過年度に検討された流出・氾濫モデル(1池モデル)について、その妥当性を確認するために水位計とカメラによる現地観測及びデータ整理を行うことを目的とする。また、令和4年9月23日から24日にかけての台風15号の影響による、二級河川前川流域の浸水範囲の調査および、二級河川敷地川における洪水痕跡調査を実施した。